猫雑貨デザイナー

一度会ったら忘れられない、不敵な面構えの黒猫「スクラッチ」の産みの親、米田(まいた) 民穂先生

宮城県仙台市の猫雑貨専門店「大きな青い馬」の店長前田は、

5年前にちっとも可愛くない猫の縫いぐるみに

出会いました。


店長は「こんな可愛くない縫いぐるみはウチの店では売れないかも」と

思いながらも、

試しに1個「スクラッチ」の縫いぐるみを

仕入れてみました。


問屋さんから猫の縫いぐるみ達が

2~3種類届いた中で、

なんと!お客様はスクラッチの縫いぐるみを

1番最初にお選びになり、

お買い求め下さいました!!


ギロリと睨んだ大きな目と

両手足の白い爪が

お客様に大受けで、

その後も入荷するとすぐ

売り切れてしまいます。


そんな、大人気の

猫のスクラッチを産み出したのが

青森県ご出身の

米田民穂先生です。


武蔵野美術大学では、

油絵を専攻なされ、

1968年~1998年にはバルセロナやパリで制作を行い、

1998年に帰国なさいました。


米田民穂先生は

「ウサギの本」など

絵本も数多く出されています。


その中から、

ウサギの縫いぐるみなども

生まれています。


猫のスクラッチシリーズも

黒猫だけでなく、

三毛猫の「ミルク」や

ハチワレ猫の「ソックス」、

などの猫仲間も増え、


大きさのバリエーションも

バッグに付けられる

ボールチェーンなど、

色々増えて、

ますます米田先生の世界から

目が離せなくなりそうです。

http://www.aoiuma.jp/SHOP/g13068/list.html



  • 2016.05.12
  • 13:09

東京オリンピックのエンブレムデザイナーに猫ふんじゃったシリーズのデザインをパクられたマタノアツコ先生は実は池田あきこ先生と同い年だった!

マタノアツコ先生は、

1950年生まれで、

この年には、偶然にも

猫雑貨デザイナーの

池田あきこ先生も

お生まれになっています。

マタノアツコ先生と池田あきこ先生はおない年と言う事ですね。


マタノアツコ先生は、

タオルハンカチなどのデザインで

有名なアーティストさんです。


代表作は、

タオルハンカチの1辺を

白と黒の糸で刺繍した鍵盤模様にして、

その隣の辺からフェルトで作った黒猫ちゃんが

お顔だけ出している、

「猫ふんじゃったハンカチ」シリーズです。


あまりの人気ぶりに、

マタノ先生のデザインを真似る人も多く

2015年は東京オリンピックのエンブレムの

パクリ問題のデザイナーに

黒猫のデザインを真似られて

先生は怒りのコメントを発表しています。


また、マタノアツコ先生は、

雑貨のデザインのほかに

カレンダーやテキスタイルなど、

イロイロなデザインも手がけられ、

最近は、

音楽が流れるマタノ先生デザインの空間で、

朗読などのコラボレーションが展開される。

といった、

パフォーマンスのプロデュースなども

なさっています。


当店では、

人気バツグンのタオルハンカチはもちろん、

大降りで使い易い、黒猫のメメやジョーカーのストールも

入荷するとすぐ売り切れてしまいます。



http://www.aoiuma.jp/SHOP/g13068/list.html


  • 2016.03.31
  • 12:07

ウルトラマンともコラボ出来るカトウシンジ先生の作品は、クマや猫や女の子が簡略化された絵が特徴的!

猫雑貨やディズニーなどとの

コラボイラストで有名な、

カトウシンジさんは、

猫を始め、

クマや赤ずきんちゃんなどの

主人公を独自のデザインで

ストーリー性を持たせて

絵にしてしまう

アーティストであり、

ストーリーテラーで、

そのデザインは、絵本やステーショナリー、

タオルなどの生活雑貨などにも

使われています。


カトウシンジさんの作品は、

簡略化された線で描かれた

クマや猫や女の子が

街を歩いていたり

シンプルな線と

べた塗の色との

デザイン化された点が特徴的で、

トートバッグや

ペンポーチなどは、

とてもおしゃれです。


彼の作品は、

そのスマートさのおかげで、

ヨーロッパなどの海外で

高く評価されています。


大きな青い馬の前田店長も、

カトウシンジさんの

黒猫ちゃん達が2~3匹で

たわむれる姿を絵にした

マグカップや小皿などの

シリーズが好きで、

使っています。


マグカップや小皿などは、

日本のメーカーさんが

多治見市で作っています。

つまり日本製なので安心出来ます。


また、

カトウシンジさんは、

長年の間デザイン業界でご活躍なのに

いつもみずみずしい感性で、

新しい作品を生み出されています。


2016年4月には、

ウルトラマンの怪獣とコラボした

文具などを発売なさる予定です。


きっとカトウシンジさんと言う方は

おいくつになられても、

若々しいお気持ちを

お持ちの方なのだと

前田店長は思います。


当店でも、

カトウシンジサンデザインの

マスキングテープや

小皿などが人気を集めています。


l


http://www.aoiuma.jp/SHOP/g13090/list.html


  • 2016.03.31
  • 11:54

猫作家・画家の久下貴史の猫雑貨シリーズ「マンハッタナーズ」とは?

毎年当店でお取り扱いしているカレンダーと手帳で

ダントツの人気を誇るのが、

「マンハッタナーズ」です。


店長も「マンハッタナーズ」が大好きで

毎年手帳は猫のマンハッタナーズ手帳を愛用しています。  
  
あまり可愛過ぎない猫の絵が、

ご年配のお客様に大変人気があり、

わざわざ当店に「マンハッタナーズはありますか?」と

探しにいらっしゃるお客様が沢山いらっしゃいます。



「マンハッタナーズ」とは、

1946年京都生まれで現在はニューヨークにお住まいの

画家の久下貴史先生がお描きになる、

ニューヨークの野良猫ちゃん達や

ご自分で飼われている猫ちゃん達の

ラフなタッチの猫の絵を

タオルやバッグなどの猫雑貨に

プリントしている商品のシリーズです。



久下先生は、日本にいらっしゃった頃は、

人間のお顔の似顔絵を得意となされて、

週刊朝日の「山藤章二の似顔絵塾」第1回大賞を受賞なさり<br><br>

その後1986年にニューヨークに移住なさり、

猫を飼い始めた事により新境地を拓かれたらしく、

2001年からは毎年猫の絵の個展を日本で開催しており、

店長も毎年楽しみに拝見しています。




ニューヨークの街角のキオスクの店先などに寝そべる猫や、

レンガのビルの壁のところに戯れる猫など、

何気ないアメリカの街角の風景をバックに

そこに暮らす猫達の日常が、

猫に対する愛情一杯の久下貴史さんの

眼差しを通して描かれています。



久下貴史さんの飼われていた、

愛猫の「ミケランジェロ」と「フェデリコ」が

2010年に亡くなってしまっても、

筆を折る事もなく市井の猫達を描き続けていらっしゃるという事は、

「猫を描く」という事が、

久下貴史さんのライフワークとなっているのだと、

店長はおもいます。

http://www.aoiuma.jp/SHOP/g13130/list.html


  • 2016.03.17
  • 14:15

ダヤンの猫雑貨デザイナー 池田あきこ先生が描く「わちふぃーるど」とは?

猫雑貨キャラクターの中でもとりわけ人気の猫のダヤン。

その作者の池田あきこ先生は1950年に

東京の吉祥寺でお生まれになりました。



とくに美術に造詣の深いご家庭で育ったわけでもなく、

大学は青山学院短期大学国文科に進学され、

就職は読売広告社へ入社されました。


当時はコピーライターを目指されていたのでしょうか?



その後、池田先生のお母様が創立された皮細工工房を、

手伝うことになります。


翌年には、既に「わちふぃーるど」というペンネームで、

デザイナー活動をスタート。


「わちふぃーるど」とは、池田あきこ先生が生み出した、

猫のダヤンや友達のワニやウサギなどが住むファンタジーの世界です。

池田先生は子どもの頃から「わちふぃーるど」の世界観を持っていらっしゃいました。


それ程までに思い入れのある「わちふぃーるど」を今度は皮細工工房名に付けられ、

自由が丘に直営店「わちふぃーるど」を開店し、

その3年後にはいよいよ株式会社わちふぃーるどを設立。



子どもの頃から、それだけ強くしかも長年の間ご自分の世界観を

持ち続けて来られ、「わちふぃーるど」が広く支持されるくらいなので、

幼少の頃から想像力豊かな作家としての素養をお持ちだったのでしょう。


池田先生の場合はご自分の頭の中の絵物語を絵本や原画に起こされ、

バッグやメモなどの「わちふぃーるど」の猫雑貨は、その絵本や原画の

シーンを切り取って来た「作品」となっている点で、他の猫雑貨デザイナーさんとは

大きな違いがあります。


池田先生の描くダヤンの商品は、

男性リピーターの方もいらっしゃる程

お客様から熱烈な支持を受けています。


猫雑貨好きなお客様なら

名前は知らなくても「このキャラクター知ってる!」と

必ず会話が盛り上がるほどの人気ぶりです。


当店「大きな青い馬」でも わちふぃーるどさんのお財布やバッグなどの商品を

豊富にお取り扱いしております。


どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。



http://www.aoiuma.jp/SHOP/g12921/list.html


  • 2016.03.16
  • 20:23

店長の前田ひろみです!

店長の写真

こんにちは!
店長の前田ひろみです。

猫雑貨に囲まれた生活で、
あなたも幸せな時間を
過ごしてみませんか?

ご来店お待ちしております♪

店長日記はこちら >>

営業カレンダー
  • 今日
  • 臨時休業
  • 午後4時から

営業時間
(月~土)11:00~18:00
(日祝祭)12:00~18:00
臨時に外出する場合が
ございます。
ご来店ご予定の方は、
お手数ですが、
ご一報下さいませ。
電話
022-261-4784

-PR-

大きな青い馬の占い師



占い師名:ルナキャット

占いの種類:月猫占い・西洋占星術・オーラ
占いの場所及び時間:大きな青い馬にて
毎週水曜日13時~15時
(要予約)
電話022-261-4784
メール予約 info★aoiuma.jp ★を@に変えてお送り下さいませ。
占いの料金:¥3,000
(税込み:30分)

-PR-

大きな青い馬のデザイナー



竹内とも子デザイン事務所

商業書道作家・JDCA日本デザイン書道作家協会正会員・グラフィックデザイナー

業務内容:チラシ・ポスター・チケット・パースなどの
デザイン及び制作。

連絡先

メール:xc28743★xf6.so-net.ne.jp
(★を@に変えて下さい)

ページトップへ